排卵検査薬を産み分けに使う

*

排卵検査薬で産み分けする

日本では女の子を希望する方が多いという調査結果がでていますが、一人目は産み分けを考えず自然に任せ、二人目は希望したいというケースが多いようです。生まれてくる子供は女の子、男の子どちらの性別であっても可愛いものですが、いつ仲良くするとどちらの性が生まれやすいかわかっていますから、排卵検査薬を使って排卵日を予測できれば産み分けを行えます。

 

生まれたばかりの赤ちゃん

 

産み分けの前に男の子になるのはY精子でアルカリ性に強く、女の子になるのはX精子で酸性に強いことをまず理解しましょう。女性の内部がそれぞれ希望する性の状態で仲良くすることで産み分けできる可能性が高まります。

 

このことから潤滑ゼリーを使って女性の体を酸性の状態にしたり、アルカリ性の状態にしたりできる産み分けゼリーが販売されています。口にしても害がないように作られているようですが、安全性が確立されているわけではないようです。赤ちゃんに影響があるかもしれないと考えるなら使用すべきではないでしょう。いずれにせよ自己責任での使用が前提です。

 

女の子を希望する場合

排卵日の2日前がベストといいますかこの日しかありません。排卵日2日前を知るためには、排卵検査薬も使用します。それだけに頼らず基礎体温を記録しておいて両方を活用して予測を行いましょう。

 

仲良くする排卵日2日前より前に精子の数を少なく調整する必要があります。精子の数を少なくするために仲良くするのは、3日に一度ほどが一番上手くいくようです。また女の子が生まれやすくするためには、女性の内部を酸性にしておく必要があります。女性が満足すると子宮頚管からアルカリ性の粘液が分泌されるため、酸性が弱まってしまいます。男性は短い時間で終わるように、且つなるべく浅い部分で終わるようにします。

 

男の子を希望する場合

排卵日当日の女性の中はアルカリ性に傾き、男の子になるY精子にとって一番よい条件になります。産み分けで男の子を希望する場合は排卵日当日かその直後に仲良くすることで男の子の赤ちゃんを授かる可能性が生まれます。

 

女性の満足度が高いと子宮頚管よりアルカリ性の粘液が分泌されるため、Y精子にとって好都合になります。男性の手助けによってこの状態を作りだし男性はできるだけ奥の方で終わるようにします。

 

とはいえ男女の産み分けは希望どおりになる保証はどこにもありません。どちらの性別であっても喜ぶべきことです。産み分けに失敗しても忘れないようにしてください。

一般的な排卵検査薬では陽性なのか陰性なのか判定に迷う場合が多くあります。デジタル表示で正確性も99%以上のクリアブルーイージーデジタルなら悩む必要がありません。⇒⇒⇒コチラで値段も安く買えます!