排卵検査薬の購入方法の1つ海外通販

*

購入方法の選択肢が少なく

現在、排卵検査薬の購入方法としては病院からもらう、薬局で購入する、通販を使って購入する、この3つの方法があります。しかし、薬事法の縛りがあり手軽に購入できない状態になってしまっています。

 

薬剤師の男性

 

2009年6月に施行された薬事法の改正により排卵日検査薬は医療用医薬品となり、薬剤師がいる薬局でしか購入ができなくなりました。これにより取り扱う店舗数が減少してしまい、妊娠を望んでいる方にとって購入方法の選択肢が非常に少なくなっています。妊娠検査薬はドラッグストアでも販売されているのにちょっと不思議です。

 

これは通販でも同様で、日本国内の通販では販売が不可能です。薬剤師がいるドラッグストアでの購入は現在でも可能とはいえ、店頭で住所・氏名・電話番号を記入する必要があり気軽に変える場所ではありません。

 

女性は対面での購入が恥ずかしいと感じている方はたくさんいらっしゃいます。そういった多くの方が通販を利用してこれまで購入していたわけです。国内での通販は不可となってしまいましたが、薬事法が改正された後でも通販での購入方法ががなくなってしまったわけではありません。

 

現在も海外製の排卵検査薬を個人輸入という形で購入方法があります。薬事法が施工されてしばらく経ってからでも、店舗からなくなってしまったという声がありましたが、今現在は大分状況が落ち着いています。海外からの購入が可能であることも口コミなどで知れ渡り、人気の購入方法になっています。

 

排卵検査薬は排卵日を検査するという目的以外でも、排卵障害が判明する可能性があるというメリットもあります。もっと簡単に入手できるような環境になれば、病気の早期発見や少子化対策としても多少でも貢献できるのではないかと思います。

 

海外製排卵検査薬

通販で購入するなら海外製の排卵検査薬という選択肢しかありません。国内のものよりかなり安く買えますが、反応が判断しにくい、感度が悪くて判定が不明、精度がよくないなど評判がいまいちよくありません。そういった場合、恐らく安さばかりを追求して買った可能性が高いと思います。

 

ここで注意していただきたいのは、生産国によってはそういう可能性が十分あるということです。選ぶならアメリカやカナダで生産されたものを選んでください。価格は中国製よりも多少高くなりますが、使いものにならないものを買っても後悔するだけです。

 

中国製やアメリカ製の一般的なイメージで判断して購入してそのとおりの結果になるはずです。また、欧米で生産された、あるいは欧米のメーカー製のものでも中国などから発送されるものも注意が必要です。偽物大国である国から発送されるもので、しかも値段が安ければ、やはり後悔する結果になることが多々あります。

 

排卵検査薬は本数をケチっていては妊娠に結びつきません。とはいっても費用もばかになりませんから、値段と性能のバランスが取れたものを選ぶ必要があります。日本製のイメージとしての信頼性と同等の海外製排卵検査薬もあります。使い方も日本製と同様でしかも安価です。通販で購入する時は十分調べて購入しましょう。

一般的な排卵検査薬では陽性なのか陰性なのか判定に迷う場合が多くあります。デジタル表示で正確性も99%以上のクリアブルーイージーデジタルなら悩む必要がありません。⇒⇒⇒コチラで値段も安く買えます!