Top >  関東・甲信越のミネラルウォーター >  富士ミネラルウォーター(山梨県)

富士ミネラルウォーター(山梨県)

富士ミネラルウォーターは昭和4年に発売された、日本の草分け的存在のミネラルウォーターです。産地は山梨県身延町下部で、非常にミネラルバランスがとれている自然水が利用されています。

富士ミネラルウォーターは東京サミット、沖縄サミットでも公式なミネラルウォーターとして使用されたという歴史も持っており、日本を代表する伝統あるミネラルウォーターといっても過言ではないでしょう。

富士ミネラルウォーターの特徴は弱アルカリ性の軟水で、飲みやすい飲み口です。下記の成分を見てもらえば分かりますが、カルシウムが多く含まれマグネシウムが比較的少ないという特徴を持っています。

そのままストレートに飲んでももちろんおいしい水で、お湯にしてもミネラルバランスに影響を与えないので、お茶や紅茶などの利用にも適しているミネラルウォーターです。

富士ミネラルウォーターには通常製品以外に保存水として賞味期限が3年間に設定されているものもありますが、主に官公庁向けの製品で非常用5年保存水も販売されています。地震や台風などの災害時に備えて家庭でも保存水を蓄えておいた方がなにかと安心です。

また、きかんしゃトーマスとシルバニアファミリーのラベルを使用した、とてもかわいい製品(どちらも350mlのペットボトル)も販売されています。大人は富士ミネラルウォーターのレトロ風のラベルがかっこよいと感じるでしょうが、子どもはキャラクターが大好きですから、こちらの方がかっこいい・かわいいと感じるのでしょう!


fuji.jpg


■種類:ナチュラルミネラルウォーター
■硬度:87(軟水)
■成分(1000mlあたり):ナトリウム26mg、カルシウム32mg、マグネシウム1.9mg、カリウム0.8mg
■pH値:7.7

人間の体は酸化によって老化するといわれます。高アルカリ性のミネラルウォーターで正常な状態に!⇒⇒美味しさもバツグンの温泉水99

関連エントリー

富士ミネラルウォーター(山梨県) 天恵水(埼玉県) サントリー天然水・南アルプス(山梨県) 日本アルプス森の水だより(山梨県) 富士山のバナジウム天然水(山梨県) こんこん湧水(山梨県) 尚仁沢湧水の郷(栃木県) 大清水源水(群馬県) 弥生の舞(山梨県)