Top >  イタリアのミネラルウォーター >  サンペレグリノ(S.PELLEGRINO)

サンペレグリノ(S.PELLEGRINO)

サンペレグリノは、世界中(百ヶ国以上)のレストランで多く採用されています。あの赤い星のロゴが印象的なミネラルウォーターですね。

ここ日本でもイタリアレストランでよく見かける、発泡性(炭酸入り)のナチュラルミネラルウォーターで、硬度も674と高くミネラルも多く含有しています。

レストランで多く採用されている事からも分かるように、サンペレグリノは料理との相性がとてもよい事で有名です。サンペレグリノの含まれる炭酸が、西洋料理(特に濃厚な)を食べた後の口の中をすっきりとしてくれるとされています。

サンペレグリノ水源となるのはイタリア・ミラノの北東に位置するアルプスの麓、ブレンバーナの谷にあり、水源は地下400mにあります。

サンペレグリノは、イタリア・ミラノで晩年を過ごした、かのレオナルド・ダ・ビンチが愛飲していたという、歴史あるミネラルウォーターでもあります。

サンペレグリノはイタリアを代表するガス入りのミネラルウォーターでもあります。フランスを代表するガス入りミネラルウォーター・ペリエと比較すると、若干かるい口あたりですから、日本人の口にはどちらかといえばこちらのサンペレグリノの方が合っているかもしれません。


pellegrino.jpg


■種類:ナチュラルミネラルウォーター
■硬度:674(硬水)
■成分(1000mlあたり):ナトリウム35mg、カルシウム185.6mg、マグネシウム52.5mg、カリウム2.5mg
■pH値:7.8

人間の体は酸化によって老化するといわれます。高アルカリ性のミネラルウォーターで正常な状態に!⇒⇒美味しさもバツグンの温泉水99

関連エントリー

ヴィトロガッティ(Vitologatti) サンペレグリノ(S.PELLEGRINO) ウリベート(ULIVETO) サン・ベネデッド(SAN BENEDETTO) フィレッテ(Filette) ベルニーナ(BERNINA) スルジーヴァ(Surgiva)