Top >  中部・北陸のミネラルウォーター >  キリン アルカリイオンの水(静岡県・石川県)

キリン アルカリイオンの水(静岡県・石川県)

キリン アルカリイオンの水の採水地は、静岡県御殿場市と石川県白山市の2ヵ所に別れています。富士山と白山それぞれの麓で採水された自然水を工場で電気分解を施しアルカリイオン化した水です。

スポーツ時の水分補給にももちろん、優れた抽出力と浸透力を持ち合わせているので、だし取りや煮物料理などの料理にも適した水といえます。キリンのサイトには「水道水と比較して、うまみの目安になる遊離グルタミン酸の量が多いとのデータもある」と表記されています。

アルカリイオンの水は、中身の水だけではなく、ペットボトルにもひと工夫施されています。使用中は充分な強度を保ち、使用後は少ない力でペコッとつぶせるペコロジーボトルを採用しており、環境にも充分配慮がなされています。

安全といわれる日本の水道水ですが、近年(とはいってもずいぶん昔からですかね)その神話は崩れつつあります。日本製のアルカリイオンの水はスーパーやディスカウントショップなどでも特売で売られていたりしますので、通常使う飲用水としても安価に手に入れる事ができます。また、メーカーであるキリンが自信を持っていっているように、料理にもとてもよく合う水ですから、料理用に買いだめしてしまうというのもありですね。


kirin.jpg


■種類:ボトルドウォーター
■硬度:58(軟水)
■成分(1000mlあたり):ナトリウム8mg、カルシウム13mg、マグネシウム6.4mg、カリウム1.6mg
■pH値:9.1〜9.7

人間の体は酸化によって老化するといわれます。高アルカリ性のミネラルウォーターで正常な状態に!⇒⇒美味しさもバツグンの温泉水99

関連エントリー

キリン アルカリイオンの水(静岡県・石川県) 越後湯沢神立の水(新潟県) アルプス精水(富山県)