Top >  近畿のミネラルウォーター >  ごろごろ水(奈良県)

ごろごろ水(奈良県)

ミネラルウォーターのごろごろ水は、大峰山に湧く天然水です。環境省選出の日本名水百選、国土交通省指定の水の郷34選、奈良県指定のやまとの水にも選ばれているという自然水です。

日本製のミネラルウォーターは加熱殺菌される事がほとんどなのですが、ごろごろ水は加熱殺菌されずに4つのミクロフィルターで処理されたミネラルウォーターです。これは、汲み立てのおいしい水を飲んでほしいという努力の現われだとおもいます。

ごろごろ水の名前の由来は、ごろごろ水が湧き出る五代松鍾乳洞を流れる水の音が「ごろごろ」と聞こえる事によります。

弱アルカリ性のごろごろ水は豊富なミネラル分を含んでいます。なかでもカルシウムを多く含有しており、日本国内のミネラルウォーターではトップクラスの含有量を誇ります。

ごろごろ水は日本のミネラルウォーターのなかでは硬度が89.5と高い方ですが、硬度の割りにまろやかな舌触りのミネラルウォーターです。

ごろごろ水は通常のペットボトルタイプの他にも、ひょうたん型のボトルのものが発売されているようで、天然水を味わう舌ばかりか、視覚的にも我々の目を楽しませてくれるようです。ひょうたんからでてくるおいしい水というのはイメージにぴったりですね。


gorogoro.jpg


■種類:ナチュラルミネラルウォーター
■硬度:89.5(軟水)
■成分(1000mlあたり):ナトリウム2.41mg、カルシウム33.8mg、マグネシウム1.22mg、カリウム0.54mg
■pH値:8.2

人間の体は酸化によって老化するといわれます。高アルカリ性のミネラルウォーターで正常な状態に!⇒⇒美味しさもバツグンの温泉水99

関連エントリー

ごろごろ水(奈良県) いこまの名水(大阪府) 六甲のおしいい水(兵庫県)