Top >  近畿のミネラルウォーター >  いこまの名水(大阪府)

いこまの名水(大阪府)

ナチュラルミネラルウォーターいこまの名水(IKOMA SPA)は、数々の関西の有名なホテルで使用されているという名水です。某有名ウイスキーメーカーもウイスキーの製造に、このいこまの名水を使用しているという事ですから、味にこだわりのあるプロから見てもおいしさは折り紙つきだという事ですね。

いこまの名水は、生駒国定公園の北部にある清滝峠の230メートル地下から湧き出ている地下水(自然水)です。湧き出すまでには長石、珪石(石英)などの岩層を通過してくる地下水であるため、適度なミネラル分も含有されています。

このいこまの名水は、温泉法の飲用許可を得た冷泉をボトリングしたものです。つまり、いこまの名水は飲用できる温泉水(天然鉱泉水)なのです。

温泉水ですから、ラドンを含んでおり、弱アルカリ性の性質を持っているミネラルウォーターで、飲み味としてはマグネシウムの含有量が少ないため、クセのない飲み味だとされています。

いこまの名水(IKOMA SPA)は、関西の有名なホテルの数々で使用されるのも納得できる、すっきりとした味わいが特徴のミネラルウォーターです。

通販でもこのいこまの名水は入手が可能ですが、関西へでかけたときには、ぜひ、探して飲んでみましょう。


ikoma.jpg


■種類:ナチュラルミネラルウォーター
■硬度:40.1(軟水)
■成分(1000mlあたり):ナトリウム13.1mg、カルシウム15.9mg、マグネシウム0.2mg、カリウム0.9mg
■pH値:8.1

人間の体は酸化によって老化するといわれます。高アルカリ性のミネラルウォーターで正常な状態に!⇒⇒美味しさもバツグンの温泉水99

関連エントリー

ごろごろ水(奈良県) いこまの名水(大阪府) 六甲のおしいい水(兵庫県)