Top >  中部・北陸のミネラルウォーター >  越後湯沢神立の水(新潟県)

越後湯沢神立の水(新潟県)

ミネラルウォーター越後湯沢神立の水(かんだつのみず)の採水地は、日本一の米所である新潟県南魚沼郡です。地下1400メートルから湧き出る温泉水で、温泉療法認定医の温泉審議会で「飲む温泉水」として認められた温泉水(ミネラルウォーター)です。

この越後湯沢神立の水は、日本のミネラルウォーターに多い加熱殺菌という方法はとっておらず、紫外線殺菌及びメンブラン濾過フィルターで除菌処理されています。おいしさへのこだわりの表れでもあると思います。

地下1400メートルの深層から湧き出る温泉水ですが、硫黄臭さは全くありません。越後湯沢神立の水はクリアな味わいで、ほのかな甘味のあるミネラルウォーターです。また、料理に使用する水として某有名ホテルで使用されているという事もあり、家庭でも料理に使用してみると格段においしい料理ができあがるかもしれませんね。

日本で一般的な硬度が25の軟水ですから、だし取りにごはんを炊く用途に、紅茶や日本茶に使うなどにも相性のよいミネラルウォーターです。

その他、この神立の水は温泉水ですので化粧水として使用する、洗髪に使うなどの外用として、他にもペットに飲ませる水としてや生花に使うなどの利用方法もあります。


kanda.jpg

■種類:ナチュラルミネラルウォーター
■硬度:25(軟水)
■成分(1000mlあたり):ナトリウム27.1mg、カルシウム9.9mg、マグネシウム0.01mg、カリウム0.5mg
■pH値:9.4

人間の体は酸化によって老化するといわれます。高アルカリ性のミネラルウォーターで正常な状態に!⇒⇒美味しさもバツグンの温泉水99

関連エントリー

キリン アルカリイオンの水(静岡県・石川県) 越後湯沢神立の水(新潟県) アルプス精水(富山県)