Top >  中国・四国のミネラルウォーター >  白竜水(広島県)

白竜水(広島県)

ミネラルウォーター白竜水の採水地は、広島県の中央部に位置する澄んだ空気と美しい水にと自然環境に恵まれた町である、賀茂郡大和町(だいわまち)にある芦田川の源流です。

白竜水を生産している田治米鉱泉所は、創業が昭和42年のミネラルウォーター製造で、中国地方の中では老舗中の老舗です。その始まりは、この土地を訪れた醤油業者の「この水はおいしい」という言葉によるものなのだそうです。また、創業当時の白竜水は、ウイスキーの割水用として販売されていたという歴史も持っています。

この白竜水の生まれ故郷の広島はお好み焼きが有名ですが、白竜水はそのお好み焼きのソースの製造に使われていたり、日本酒を作るのに利用されたり、広島の有名なホテルで採用されていたりするのだそうです。この事は素材が確かな水である事の証明でもあるといえると思います。

白竜水は日本人好みの甘みを感じるほどのまろやかな味わいの軟水で、日本の軟水に慣れた人であれば、誰が飲んでもおいしく感じるミネラルウォーターです。そのまま飲んでももちろんおいしいわけですが、ごはんを炊くのに利用したり、あっさりした日本料理や赤ちゃんの粉ミルク用などなどと幅広く利用できるミネラルウォーターです。


hakuryu.jpg


■種類:ナチュラルミネラルウォーター
■硬度:22(軟水)
■成分(1000mlあたり):ナトリウム9.9mg、カルシウム7.8mg、マグネシウム1.3mg、カリウム1mg
■pH値:6.5

人間の体は酸化によって老化するといわれます。高アルカリ性のミネラルウォーターで正常な状態に!⇒⇒美味しさもバツグンの温泉水99

関連エントリー

白竜水(広島県) 筒賀湧泉、天上の明水(広島県)