Top >  中部・北陸のミネラルウォーター >  アルプス精水(富山県)

アルプス精水(富山県)

ミネラルウォーターアルプス精水の採水地は、富山県富山市婦中町千里源蔵谷です。自然環境保全地域にある環境に恵まれた土地で生まれたミネラルウォーターです。水は地下300メートルから汲み上げられ、安全性も高い天然水です。おいしさを損なわないよう採水地にて直接ボトリングされています。

富山県から温泉法の認定を受けている「飲む温泉水」で、ペーハーは7.2を指し人間の血液に近い弱アルカリ性です。また、ゲルマニウムやカルシウム、マグネシウムなどのミネラルをバランスよく含有しているミネラルウォーターでもあります。

弱アルカリ性の軟水のアルプス精水は、まろやかな舌ざわりのミネラルウォーターです。このまろやかさの秘密は採水地付近のメタケイ酸を含む地層にあるとされています。


このアルプス精水は、もちろんそのままストレートにに飲んで日本人がおいしく飲めるミネラルウォーターですが、炊飯に使用したり、お茶や紅茶への利用やコーヒーに利用するなどにも適しています。また、口当たりもやわらかく硬度が20.2と低い数値ですので、赤ちゃんのミルクの調乳用に使用するのにも適しています。

アルプス精水は、北アルプスの雪どけ水が数十年の間、育んできたおいしさを、家庭で気軽に楽しるミネラルウォーターです。


alpine.jpg


■種類:ナチュラルミネラルウォーター
■硬度:20.2(軟水)
■成分(1000mlあたり):ナトリウム9.6mg、カルシウム4.4mg、マグネシウム2.3mg、カリウム1.3mg
■pH値:7.2

人間の体は酸化によって老化するといわれます。高アルカリ性のミネラルウォーターで正常な状態に!⇒⇒美味しさもバツグンの温泉水99

関連エントリー

キリン アルカリイオンの水(静岡県・石川県) 越後湯沢神立の水(新潟県) アルプス精水(富山県)