Top >  フランスのミネラルウォーター >  ヴィッテル(Vittel)

ヴィッテル(Vittel)

ヴィッテルの生まれ故郷はフランス東部、ドイツとの国境に近いヴォージュ山脈の麓に位置する、水の町ヴィッテルです。ヴィッテルという町の名前は、今から約二千年前に、当時のローマ皇帝ヴィテリウスがこの地を訪れ、泉の水を浴びた事に由来しているのだそうです。

ヴィッテルの採水地周辺の5000ヘクタールという広大な土地が、この名水を守るために徹底的に環境保護されています。その環境保護されている土地では、生活用水でさえも浄化してからではないと流す事ができないのだそうです。

ミネラルウォーターのヴィッテルは、1903年にフランスの厚生省から正式に認可されて以来、人々に長い間愛飲されてきた名水です。

ヴィッテルはカルシウムの含有量が多いのが特徴のひとつです。豊富なミネラルを含んでおり硬度は307.1の硬水ですが、硬水にある飲みにくさがなく、非常に飲みやすいミネラルウォーターです。ですので、初めて硬水にチャレンジされる方でもまず大丈夫だと思います。

例えば、『ミネラルの補給が目的だが、飲みにくいミネラルウォーターはちょっと』という方にぴったりのミネラルウォーターです。ミネラル補給が目的でこういった硬水を飲む時には、一気に飲んでしまわずに、ゆっくりと飲むようにし、1日で飲む回数も多く分けた方が人体へのミネラルの吸収がよくなります。


vittel.jpg


■種類:ナチュラルミネラルウォーター
■原材料名:鉱泉水
■硬度:307.1(硬水)
■成分(1000mlあたり):ナトリウム7.3mg、カルシウム91mg、マグネシウム19.9mg、サルフェート105mg
■pH値:7.3

人間の体は酸化によって老化するといわれます。高アルカリ性のミネラルウォーターで正常な状態に!⇒⇒美味しさもバツグンの温泉水99

関連エントリー

コントレックス(Contrex) エビアン(evian) ボルビック(Volvic) ヴィッテル(Vittel) ペリエ(Perrier) トノン(THONON) ピアバル(Pierval) ヴァットヴィレール(WATTWILLER) エクスレバン(Aix les Bains) ヴァルス(Vals) クリスタリン(CRISTALINE) ハイドロキシダーゼ(Hydroxydase) シャテルドン(CHATELDON) ヴィシーセレスタン(VICIE Celestins)