Top >  その他外国のミネラルウォーター >  ティナント・スプリングウォーター(イギリス)

ティナント・スプリングウォーター(イギリス)

ヨーロッパのミネラルウォーターのほとんどが硬水なのですが、このティナント・スプリングウォーターは、硬度が102を示す中硬水です。

ヨーロッパのミネラルウォーターに多い硬水のようににクセがなく、まろやかな飲み味ですので、軟水に親しんできた日本人にもマッチしているミネラルウォーターといえるでしょう。ティナントには、スティルといわれる無炭酸のものと、カーボネイトといわれる炭酸入りのものがあります。

ティナント・スプリングウォーターには、カルシウムとマグネシウムがミネラルウォーターで理想的とされる2:1の比率で含有されており、ミネラルバランスが優れています。

ティナントはウェールズ語で「小川のそばの小屋」という意味です。この小屋は現在もティナントが生産されている工場の近所に実在しています。なんともメルヘンチックなネーミングなんですね。

斬新なボトルデザインは、工業デザイナーロス・ラブグローブの手によるもので、2年間という長い年月をかけて創られたデザインです。飲み干したあとにお部屋のインテリアとして飾っておくと、とてもおしゃれですね。

現在のボトルデザインになる前は鮮やかなブルーのボトルが採用されており、こちらのブルーのボトルもイギリスのガラス協会でデザイン大賞に輝いています。


tynant.jpg


■種類:ナチュラルミネラルウォーター
■原材料名:鉱水
■硬度:102.25(中硬水)
■成分(100mlあたり):カルシウム22.5mg、ナトリウム22.0mg、マグネシウム11.5mg、カリウム1.0mg、サルフェート3.7mg
■pH値:6.8

人間の体は酸化によって老化するといわれます。高アルカリ性のミネラルウォーターで正常な状態に!⇒⇒美味しさもバツグンの温泉水99

関連エントリー

オルデン(ノルウェー) クリスタルガイザー(アメリカ) モンダリズ(スペイン) ヒルドン(イギリス) ティナント・スプリングウォーター(イギリス)