Top >  ミネラルウォーターの基礎知識 >  無殺菌のミネラルウォーターは安全なのか?

無殺菌のミネラルウォーターは安全なのか?

ヨーロッパから輸入されているミネラルウォーターは無殺菌ですが、日本人の感覚からすると本当に安全なのか?という疑問が、当然おきると思います。

結論からいうと安全です。ミネラルウォーターの先進国といわれる、ヨーロッパで生産されるミネラルウォーターは、厳しい統一基準で生産されています。

例えば・・・
・水源が汚染から確実に保護され、水源に一切手を加えず健全な地下水であること。
・微生物学的、化学的、地質学的に健康に好適な特性とみなされた水である事。
・安全な生菌数が正常な範囲内であり、生きている状態で分析で確認できる事。
などですが、他にも厳格な決まり事がたくさんあります。

ヨーロッパのミネラルウォーターの水源は厳しく管理されており、逆に考えれば無殺菌の状態でも問題なくユーザーが口にする事ができるというわけです。

ミネラルウォーターの源泉や採水地などの環境を厳しく守っていくためには、それ相当のコストが必要になるはずです。コストだけを考えると、環境を保全するより殺菌や除菌処理を行って出荷した方が、はるかにコスト低減につながるのではないかと思います。

しかし、頑なに天然の水を守ろうとするヨーロッパのミネラルウォーターに対する考え方は大いに評価すべき点ではないかと思います。

人間の体は酸化によって老化するといわれます。高アルカリ性のミネラルウォーターで正常な状態に!⇒⇒美味しさもバツグンの温泉水99

関連エントリー

世界のミネラルウォーター消費量 ミネラルウォーターの殺菌(除菌)処理 無殺菌のミネラルウォーターは安全なのか? ミネラルウォーターとは? ミネラルウォーターの保存方法 ミネラルウォーターの硬度 ミネラルウォーターのpH(ペーハー)値