Top >  ミネラルウォーターの選び方 >  軟水のミネラルウォーター

軟水のミネラルウォーター

軟水のミネラルウォーター(水の硬度が100以下)は、まろやかで清涼感のある口当たりが特徴で、日本人が一番抵抗なく飲める硬度のミネラルウォーターです。それもそのはず、日本の水のほとんどは軟水ですので、日本人の味覚に一番あっているのが軟水のミネラルウォーターだといわれています。

軟水のミネラルウォーターは、まろやかで口当たりがよいので、ごはんを炊くという用途やだしをとるなど料理に使用する、あるいは紅茶にお茶に使用する水としてなどにも適しています。

軟水は硬度が低い分ミネラル分が少ないということになります。ですから、軟水のミネラルウォーターは、ミネラルを補給するという目的で飲むにはあまり適していません。(もちろん軟水もミネラル分は含有されています。硬水や中硬水と比較すればという意味です。)

軟水のミネラルウォーターで代表的なものは、日本産では「六甲のおいしい水」や、日本のトップシェアを誇るサントリーの「天然水・南アルプス」などたくさんの種類があり、日本産ミネラルウォーターのほとんどはこの軟水に該当します。輸入されるミネラルウォーターでは、「ボルヴィック」や「クリスタルガイザー」などが代表的なものとなります。

人間の体は酸化によって老化するといわれます。高アルカリ性のミネラルウォーターで正常な状態に!⇒⇒美味しさもバツグンの温泉水99

関連エントリー

スパークリングウォーターとは 硬水のミネラルウォーター 中硬水のミネラルウォーター 軟水のミネラルウォーター