Top >  ミネラルウォーターの選び方 >  中硬水のミネラルウォーター

中硬水のミネラルウォーター

軟水と硬水の中間に位置している中硬水(水の硬度が101以上〜300以下のもの)のミネラルウォーターは、特徴としても軟水と硬水の中間に位置するものです。

中硬水のミネラルウォーターは、料理やお茶を飲むに適している、まろやかな口当たりの軟水とさほど変らず同じような用途に使用できます。

また、ミネラル分が多い硬水のミネラルウォーターの重い舌触りもさほどなく、加熱せずそのままストレートに飲むのにも適しています。

中硬水のミネラルウォーターは、ミネラル分も適度に含んでいるわりには硬水のように特別飲みにくいというわけではなく、ミネラル分の補給が目的でも、おいしい水としても飲む目的にも適しています。どちらも適度にこなす中硬水のミネラルウォーターは、ある意味贅沢かもしれません。

とはいっても、ミネラルウォーターそれぞれに個性があります。飲み味などはミネラルウォーターに含まれるミネラル分の比率でも変わってきますので、硬度が中硬水に分類されるものでも、色々なミネラルウォーターを飲んでみるというのもよいでしょう。

中硬水のミネラルウォーターで代表的なものには、有名なフランス産のミネラルウォーターのエビアンや、鮮やかな色合いのブルーのペットボトルが特徴的なイタリアのゴッチアブルーなどがあります。

人間の体は酸化によって老化するといわれます。高アルカリ性のミネラルウォーターで正常な状態に!⇒⇒美味しさもバツグンの温泉水99

関連エントリー

スパークリングウォーターとは 硬水のミネラルウォーター 中硬水のミネラルウォーター 軟水のミネラルウォーター