Top >  ミネラルウォーターの基礎知識 >  ミネラルウォーターの殺菌(除菌)処理

ミネラルウォーターの殺菌(除菌)処理

ミネラルウォーターの殺菌(除菌)処理は、日本製のミネラルウォーターで一番多い加熱殺菌や、紫外線殺菌、オゾン殺菌という方法があります。除菌処理する方法としては、濾過フィルターによる除菌が一般的なものです。

ミネラルウォーターの種類によっては、この殺菌方法を複数採用して殺菌処理したものや、単独で殺菌したものなど、様々な方法があるという事になります。また、加熱殺菌には瞬間加熱殺菌という方法もあります。

日本でミネラルウォーターを製造するには、殺菌処理が義務付けられています。義務付けの理由ですが、日本においてミネラルウォーターは、清涼飲料水の一種として認識されてきたという背景によるものです。

日本では殺菌が義務付けられている一方で、ヨーロッパ産のミネラルウォーターは、無殺菌のものがほとんどを占めています。これは水に対する考え方や採水地付近の環境や国民性などによるものなのでしょう。

一般的にミネラルウォーター=天然水と考えがちですが、本来天然水とは字のごとく天然そのままのものなはずですから、必ず殺菌(除菌)処理という人の手が加わる日本製のミネラルウォーターで天然水という表現は本当はまちがいではないかと筆者は思います。

人間の体は酸化によって老化するといわれます。高アルカリ性のミネラルウォーターで正常な状態に!⇒⇒美味しさもバツグンの温泉水99

関連エントリー

世界のミネラルウォーター消費量 ミネラルウォーターの殺菌(除菌)処理 無殺菌のミネラルウォーターは安全なのか? ミネラルウォーターとは? ミネラルウォーターの保存方法 ミネラルウォーターの硬度 ミネラルウォーターのpH(ペーハー)値