Top >  ミネラルウォーターの基礎知識 >  ミネラルウォーターとは?

ミネラルウォーターとは?

ミネラルウォーターのイメージとしては『自然の水』、『ミネラルを豊富に含んだ水』や『加工が施されていない水』などと思われているのが一般的だといえると思います。

しかし、日本で現在流通しているミネラルウォーターには殺菌されているものもあれば、殺菌されていないミネラルウォーターも存在します。

農林水産省のミネラルウォーター類(容器入り飲用水)の品質表示ガイドラインでは、『ナチュラルウォーター』・『ミネラルウォーター』・『ボトルドウォーター』と大きく3つに分類され、更に『ナチュラルウォーター』は、『ナチュラルウォーター』と『ナチュラルミネラルウォーター』の2つに別れます。日本の大手メーカーが生産しているミネラルウォーターは、ほとんどが『ナチュラルミネラルウォーター』に属しています。

ガイドラインでは『ナチュラルミネラルウォーター』とは、原水になるものが特定水源より採水された地下水のうち、地下で滞留または移動中に無機塩類が溶解したもので鉱水、鉱泉水などを指し、濾過、沈澱および加熱殺菌に限る殺菌処理を行われたものを指します。一般的にイメージしているミネラルウォーターイコール『自然の水』とは少し違うわけです。

上記したように無殺菌のミネラルウォーターも日本では流通しており、エビアンやボルヴィックなどで有名なヨーロッパから輸入されているミネラルウォーターは無殺菌です。『自然の水』に最も近いのは、殺菌処理されていないヨーロッパ産のミネラルウォーターという事がいえると思います。

人間の体は酸化によって老化するといわれます。高アルカリ性のミネラルウォーターで正常な状態に!⇒⇒美味しさもバツグンの温泉水99

関連エントリー

世界のミネラルウォーター消費量 ミネラルウォーターの殺菌(除菌)処理 無殺菌のミネラルウォーターは安全なのか? ミネラルウォーターとは? ミネラルウォーターの保存方法 ミネラルウォーターの硬度 ミネラルウォーターのpH(ペーハー)値