Top >  九州・沖縄のミネラルウォーター >  日田天領水(大分県)

日田天領水(大分県)

日田天領水は、四方を日田杉に囲まれ豊かな自然に恵まれる、大分県日田市中ノ島町で採水されているミネラルウォーターです。日田天領水の水は、もともとうなぎの養殖に使用されていた水なのだそうです。きれいな水なんだという事が想像できますね。

日田天領水の大きな特徴は、老化の原因となってしまう『活性酸素』を除去するといわれている『活性水素』を多く含んでいるという事です。その含有量は、フランスのルルドの泉やメキシコのトラコテの水より、はるかに多く含有されているといわれています。

本来、天然水には『活性水素』は含まれていないと考えられており、『活性水素』を多量に含有する日田天領水は、世界でも珍しく貴重な天然水といえます。

味という点では、2005年のモンドセレクションでは金賞を受賞、2006年度には最高金賞を受賞しており、日田天領水の飲み味は、国際的にも折り紙つきのおいしさであるといえます。

日本で飲用できる水の多くは軟水ですが、日田天領水も日本人が慣れ親しんできた弱アルカリ性の軟水です。日本人好みで日本人の口に合うミネラルウォーターですから、日常の飲料水としても適しています。

また、料理にお茶にごはんを炊く用途に、お茶や紅茶にと、日常生活のあらゆる場面で活躍するミネラルウォーターです。


hita.jpg


■種類:ナチュラルミネラルウォーター
■硬度:32(軟水)
■成分(1000mlあたり):ナトリウム22mg、カルシウム9.6mg、マグネシウム1.9mg、カリウム8.4mg
■pH値:8.3

人間の体は酸化によって老化するといわれます。高アルカリ性のミネラルウォーターで正常な状態に!⇒⇒美味しさもバツグンの温泉水99

関連エントリー

薩摩の千年水(鹿児島県) 日田天領水(大分県) 温泉水99(鹿児島県) 屋久島縄文水(鹿児島県) アクアエイド(沖縄県) 星の雫(鹿児島県) 樵のわけ前1117(鹿児島県)