Top >  北海道・東北のミネラルウォーター >  水彩の森(北海道)

水彩の森(北海道)

水彩の森の採水地である北海道寿都郡黒松内町は、札幌と函館の中間に位置する丘陵地帯にあります。この丘陵地帯の地層には二枚貝の化石の密集層が広く分布しており、貴重なミネラル源となっています。

水彩の森は、この貝殻地層に長い年月をかけて濾過され誕生するミネラルウォーターです。

日本の水のほとんどは硬度が100以下の軟水なのですが、この北海道の大自然が育んだ名水、水彩の森は日本の水では珍しい中硬水で、硬度は105を示します。

硬度が高くてミネラル分をたっぷりと含んだミネラルウォーター(アルカリイオン水)でありながら、弱アルカリ性のクセがないすっきりとした飲み味が特徴です。お風呂上りやスポーツのあとなどの水分補給をするためのミネラルウォーターに、その他、料理に使用するのにも適しているミネラルウォーターです。

また、この水彩の森は賞味期限が2年間ありますから、台風や地震など、もしもの時の保存水として家庭でストックしておくという利用方法もあります。

保存できる期間が長いと、ついつい忘れてしまいがちなのが賞味期限です。賞味期限ぎりぎりになる前に、多少の余裕を持って、新しい非常用のミネラルウォーターと入れ替えを行うようにしましょう。


suisainomori.jpg


■種類:ナチュラルミネラルウォーター
■硬度:105(中硬水)
■成分(1000mlあたり):ナトリウム17.8mg、カルシウム27.2mg、マグネシウム9.4mg、カリウム4.9mg
■pH値:7.9

人間の体は酸化によって老化するといわれます。高アルカリ性のミネラルウォーターで正常な状態に!⇒⇒美味しさもバツグンの温泉水99

関連エントリー

aWa心水(福島県) 羊蹄のふきだし湧水(北海道) 仙人秘水(岩手県) 梵珠百水(青森県) 水彩の森(北海道)