Top >  フランスのミネラルウォーター >  ペリエ(Perrier)

ペリエ(Perrier)

綺麗なグリーンのボトルがなんともおしゃれで印象的なペリエは、大昔に深さ約5000mの地中で起きた地殻変動によって、地下水層とガス層が偶然にも融合して誕生した天然性発泡水です。ペリエの水源は、南フランスのヴェルジェーズという町にあります。

ペリエは世界中で愛飲されているスパークリング・ナチュラルミネラルウォーターで、その数は140カ国以上にも及び、発泡水のなかでは世界の多くの国でナンバーワンのシェアを誇っています。

ペリエは、スパークリングウォーターの中でも炭酸がはじける時間が長い事が特徴のひとつとされています。また、カルシウムが多く含まれているのも特徴で、胃腸の働きを整え消化を手助けするといわれる重炭酸塩も多く含んでいます。ですので、ヨーロッパの方では食前酒の代わりにこのペリエを飲む事が一般的になっているのだそうです。

ペリエはレストランなどでテーブルウォーターとして、食前酒の変わりとして、食事と一緒にいただくというのもよいですが、お酒とブレンドして飲んでもおいしく飲めるミネラルウォーターです。

また、ペリエは天然の炭酸が爽やかな喉ごしでカロリーもゼロですから、普段の飲用水として飲むというのもおしゃれですし、アイスティーなどとブレンドしてもおいしくいただけます。


perrier.jpg


■種類:ナチュラルミネラルウォーター
■原材料名:鉱泉水
■硬度:400.5(硬水)
■成分(1000mlあたり):ナトリウム11.5mg、カルシウム149mg、マグネシウム7mg、カリウム1.4mg
■pH値:6

人間の体は酸化によって老化するといわれます。高アルカリ性のミネラルウォーターで正常な状態に!⇒⇒美味しさもバツグンの温泉水99

関連エントリー

コントレックス(Contrex) エビアン(evian) ボルビック(Volvic) ヴィッテル(Vittel) ペリエ(Perrier) トノン(THONON) ピアバル(Pierval) ヴァットヴィレール(WATTWILLER) エクスレバン(Aix les Bains) ヴァルス(Vals) クリスタリン(CRISTALINE) ハイドロキシダーゼ(Hydroxydase) シャテルドン(CHATELDON) ヴィシーセレスタン(VICIE Celestins)