Top >  フランスのミネラルウォーター >  コントレックス(Contrex)

コントレックス(Contrex)

ナチュラルミネラルウォーターコントレックスの水源は、フランスの北東部のヴォージュ山脈に位置するコントレキセヴィルにあります。

コントレックスの歴史は非常に古く、1760年に医者のバガールがフランスのロレーヌ地方にあるコントレキセヴィルに湧き出るミネラルウォーターに関しての論文を発表した事にはじまります。1861年にはフランスの厚生省が、国内初の『ミネラルウォーター』として公認しました。

コントレックスは硬度が1551あり、正直、飲み味は重いです。特徴は他のミネラルウォーターと比べると、カルシウムの量が群れを抜いていますので、骨粗鬆症の予防などカルシウムを補いたい場合に適しています。また、ミネラル分を多く含んでいるため、ダイエット時に不足するミネラルを補給するスリムウォーターとして利用されている方もたくさんいらっしゃるミネラルウォーターです。

コントレックスは牛乳と同じとまでは行きませんが、たくさんのカルシウムが含有されています。筆者のように牛乳が苦手な人は、牛乳の代わりにコントレックスを飲むというのもよいでしょう。

いずれの場合も喉が渇いたときのように水をゴクゴクと飲み干してしまうのではなく、コーヒーやお茶を味わう時のようにゆっくり味わうように飲んだ方がミネラル分の吸収は良くなります。コントレックスを飲む回数も1日何度かに分けて飲んだ方がよりミネラル分の吸収が良くなります。


contrex.jpg


■種類:ナチュラルミネラルウォーター
■原材料名:鉱泉水
■硬度:1551(硬水)
■成分(1000mlあたり):ナトリウム9.1mg、カルシウム486mg、マグネシウム84mg、カリウム3.2mg
■pH値:7.3

人間の体は酸化によって老化するといわれます。高アルカリ性のミネラルウォーターで正常な状態に!⇒⇒美味しさもバツグンの温泉水99

関連エントリー

コントレックス(Contrex) エビアン(evian) ボルビック(Volvic) ヴィッテル(Vittel) ペリエ(Perrier) トノン(THONON) ピアバル(Pierval) ヴァットヴィレール(WATTWILLER) エクスレバン(Aix les Bains) ヴァルス(Vals) クリスタリン(CRISTALINE) ハイドロキシダーゼ(Hydroxydase) シャテルドン(CHATELDON) ヴィシーセレスタン(VICIE Celestins)