Top >  九州・沖縄のミネラルウォーター >  温泉水99(鹿児島県)

温泉水99(鹿児島県)

温泉水99(キューキュー)は名前が示すとおり、鹿児島県垂水市の垂水温泉の地下750mから取水されたミネラルウォーターです。

鹿児島といえば桜島がとても有名ですが、その桜島の火山灰がシラス台地を形成し、台地に降り注いだ雨が長い年月をかけてろ過されてできたミネラルウォーターなのです。

この温泉水99の一番の特徴は、9.5〜9.9という高いアルカリ性のpHにあります。これは野菜や果物に近いpHで、ミネラルウォーターの中でも非常に高い数字です。ちなみに温泉水99の99は、pHの値からとられたものです。

ミネラルウォーターの中でもとても高いアルカリ性と聞けば、飲みにくいのではと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、水の硬度は1.7と非常に柔らかくて長が付くほどの軟水ですので、非常に飲みやすい飲み口になっています。

この温泉水99は浸透力が高いことも特徴のひとつとなっており、なんと油とも混ざってしまいます。高い浸透力のメリットは味噌汁やだしの旨みを引き立たせることや、炊飯に使えばふっくらとしたご飯が炊きあがります。

また、高い浸透力のおかげで、美容に使用しても保湿力の持続に期待が持てます。実際に化粧水として使われていらっしゃる方もいらっしゃいます。

ミネラルウォーターですから飲み物ですが、温泉水99は温泉水なのですから、美容に関しても温泉=しっとりすべすべのお肌という図式が成り立ちますね。

sennen.jpg

■種類:ナチュラルミネラルウォーター
■硬度:1.7(軟水)
■成分(1000mlあたり):ナトリウム50.0mg、カルシウム0.5mg、マグネシウム0.1mg、カリウム0.8mg
■pH値:9.5〜9.9

人間の体は酸化によって老化するといわれます。高アルカリ性のミネラルウォーターで正常な状態に!⇒⇒美味しさもバツグンの温泉水99

関連エントリー

薩摩の千年水(鹿児島県) 日田天領水(大分県) 温泉水99(鹿児島県) 屋久島縄文水(鹿児島県) アクアエイド(沖縄県) 星の雫(鹿児島県) 樵のわけ前1117(鹿児島県)