Top >  近畿のミネラルウォーター

近畿のミネラルウォーター

このカテゴリーでは、近畿地方が原産のミネラルウォーターを紹介しています。

この地方では日本名水百選に選出されている「ごろごろ水」があったり、日本でのミネラルウォーターの知名度を一気に引き上げたといえる、「六甲の水」の原産地だったりととても特徴的な地方です。また、兵庫県は山梨、静岡に次ぐ、ミネラルウォーター日本第3位の生産地でもあります。

関西のホテルで使われている「いこまの名水」は、筆者もホテルで飲んだ事があるのですが、とても美味しい水でした。大阪府はとても水質がよいというイメージはありませんでしたが、自分の中での大きな偏見だったと訂正したほどです。
京都や奈良はとても水が美味しい地方というイメージがありますが、意外にも(イメージのわりにはという意味で)名水百選に選ばれている水が少ない地方です。

人間の体は酸化によって老化するといわれます。高アルカリ性のミネラルウォーターで正常な状態に!⇒⇒美味しさもバツグンの温泉水99

近畿のミネラルウォーター一覧

lime.jpg

ごろごろ水(奈良県)

ミネラルウォーターのごろごろ水は、大峰山に湧く天然水です。環境省選出の日本名水百選、国土交通省指定の水の郷34選、奈良県指定のやまとの水にも選ばれているという自然水です。 日本製のミネラルウォーターは...

いこまの名水(大阪府)

ナチュラルミネラルウォーターいこまの名水(IKOMA SPA)は、数々の関西の有名なホテルで使用されているという名水です。某有名ウイスキーメーカーもウイスキーの製造に、このいこまの名水を使用していると...

六甲のおしいい水(兵庫県)

ミネラルウォーターの六甲のおしいい水は、昭和58年(1983年)に発売が開始され、日本中で大ヒットしました。 それまで六甲の水は、今のように知名度が高くなかったわけですが、以前より「灘の宮水」とよばれ...