ダニ捕りロボ

ダニについて

ダニにはたくさんの種類がいて、人間が刺されてしまうダニがいれば、アレルギーの原因になるダニがいたり、吸血するダニがいたりします。世界にはダニは2万種以上、日本の家屋で発見されるダニだけでも150種ものダニの種類がいるといわれています。

先に書いたように、ダニにはたくさんの種類がいます。ですので、それぞれのダニで対策方法がちがってきます。ここでは刺すダニで代表的なツメダニについて書いてみたいと思います。

<<殺虫剤を使わずツメダニを捕獲します!?>>


ツメダニ

ツメダニに刺されると

ツメダニに刺されてしまうと、腫れ(赤色丘疹)と激しい痒みの症状が起こります。刺される場所は腕や首など柔らかい皮膚の部分に集中します。この症状は刺されてからすぐに起こるわけではなく、早くても5時間程経過したあとです。(48時間程経過して症状でる場合もあります)

腫れと痒みはアレルギー症状なんですが、ツメダニが出す唾液によるアレルギー反応で、症状は1週間程続いてしまいます。

ツメダニは家屋のどこに潜んでいるのか

ツメダニは主に寝具(布団やベッドなど)や絨毯・マットなどに潜んでいます。他のダニもそうですが、高温多湿が彼らの繁殖に適していますから、家屋の中でも南側の部屋に多くいます。また、ツメダニが多いということは、ツメダニの食料になる他のダニも多い可能性が高いといえます。

ツメダニを退治する!

ツメダニに限らず、ダニは高温多湿を好みますから、家中の換気をよくすることが基本の対策となります。窓を開ける時間を長くすることや特に湿度が高い部屋では除湿器などを使うと効果的です。ただし、窓を開ける時には防犯に十分注意しましょう。

ダニ退治=殺虫剤という公式が思い浮かぶのが一般的だと思いますが、残念ながらツメダニには殺虫剤の効果は薄いのです。ツメダニに有効なのは熱乾燥処理です。

<<手間を取らずにツメダニを退治する方法とは・・・>>

TOP